経営幹部への不信

Answer to the problem

浸透しない理念・戦略
社員
へのあるべき姿勢
意識できてますか?

トップと現場の経営に対する考えはズレているもの。幹部と現場社員では、会社の方向性を決める理念や戦略に対するの思いや感覚は常に異なっています。

複数の人間が協力して結果を出す企業体では、ビジョンの役割はとても大きなものです。しかし、公明正大なビジョンはなかなか目の前の仕事と結びつけることはできません。

一因はそのビジョンが創られた背景や葛藤を現場が知らないことで、現場社員にとってはただのお飾りとしての言葉となり、その言葉の行間や裏に込められた具体的なイメージを持ち行動することがでいないためです。

頻繁に現場の執務スペースに顔を出しあれこれと対話しながら、ビジョンの裏にある細かな要素を少しずつ時間をかけ伝えていくことが大切です。

また、トップがサラリーマン社長と創業オーナー社長のどちらであるか、悩みを持つ方が社長と他の役員のどなたであるのかによっても対処すべき内容は異なってきます。

私たちは、ビジョンとして会社に掲げられた言葉の裏にある文脈を経営者との対話を通じて読み取り、それらを以下に浸透させ現場がものにする過程をサポートします。

  • 戦略的考え方の違い
  • ビジョン・ミッションの組織浸透
  • 幹部の覚悟と実践
  • 経営層と現場の普段の近さ
  • 雇われ社長と創業オーナーの違い
  • 社長と他の役員の違い

実用情報

役立つツールや方法論などを提供します。

情報を準備しています。
Translate »