社員間での関係不信

Answer to the problem

人と人の衝突は必然
だから積極的会社支援
コミュニケーション革命を

同じ会社に居ながら異なる部門にいいる社員同士が互いの利害でぶつかり合う。その結果会社全体としては営業成績なり、業務非効率化なりで損失を発生させてしまう。

ある程度の規模になると企業が抱える問題です。普段顔を合わせることもなく共通の目標を持たないが故に、互いの目に見える範囲での合理性や結果を優先してしまい起こる問題でもあります。

こういった企業では経営者は当然頭を抱えているわけですが同時者である各社員も全く自覚が無いわけではありません。実際に、社内アンケート調査などをとると、業務情報の共有や社内コミュニケーションに課題を感じている社員は存在するものです。

頭では分かっていても個人では解決できない。部門間などの局所的には利害が対立してしまう社内コミュニケーション問題はこの類のものであり、社を上げてルール整備や研修、チームビルディングなどコミュニケーション促進のための仕掛け作りを通じて、人材のノウハウや考え方を変化させ、組織文化を良いほうへと形成していく必要があります。

また、近年では導入が積極化されているリモートワークについても社員のモチベーションや働きを一定水準以上に保つためにもこういったコミュニケーション視点での会社の取り組みは大切なものとなります。是非私たちにご相談ください。

  • 常態化する部門間での衝突
  • 業務情報が円滑に共有されない
  • 社員間コミュニケーションの課題
  • 在宅勤務の問題・トラブル
  • コミュニケーション能力と研修
  • チームビルディングの実施

実用情報

役立つツールや方法論などを提供します。

情報を準備しています。
Translate »