組織の非活性化

Answer to the problem

まるで違う会社!?
社内の人も空気も業績も
それは組織活性化

組織活性化とはどのような状態を指すのでしょうか。

経営学者 伊丹敬之氏・加護野忠男氏の経営戦略理論では、『仕事をするために構成されたチームの一員としてメンバー一人一人が目的に向かいて主体的意識を持って活動している状態』としています。

活性化のためにまず確認いただきたい点は、理念やビジョンが共感を得て浸透しているか、社員育成の仕組みが用意されているか、社員の士気が高く自主的に動いているか、コミュニケーションが活発であるか、所属部門の垣根を越えて協働する風土があるかです。

また、ITによる業務効率化やチャレンジサポート、協働の促進なども今はどの企業も使うべきであると考えられます。

貴社の活性化にぜひ私たちの支援をご活用ください。

  • 理念・ビジョンの共感と浸透
  • 社員育成の仕組み
  • ITによる組織活性化
  • 社員の士気向上
  • コミュニケーションが活発化
  • 垣根を越えて協働する風土

秘密保持を徹底のうえでお伺いします。

参考情報

関連する成功事例や調査情報を提供します。

実用情報

役立つツールや方法論などを提供します。

情報を準備しています。
Translate »